一目ぼれしたその娘にはかわいい子供がいました

就職して数年がたち、お金もそれなりに稼げるようになってきました。あるとき友人とキャバクラに行ったときとてもかわいい自分には超ストライクの娘にあいました。

もちろんそのあとは通い続けて口説きました。そのかいあって電話番号もメルアドもゲットしてお店の外でデートする約束をこぎつけました。

同伴出勤じゃなくてデートです。その後、何回かデートを重ねて付き合いだしました。

温泉に旅行やいろいろな場所に買い物などデートを重ねました。そして、結婚も考えるようになった頃、妊娠したと言われました。

それだけなら別に一緒になって子供産んで育てればいいだけなんですけど、彼女からある告白が。実は私には離婚経験があり、3歳になる娘がいるんです。ほんとうに驚きましたね。

その時の彼女の年齢は23歳で全然考えてもいなかったのでその日から苦悩の日々が続きました。いきなり、二人の子供のパパになれるのか。自分にそんな大役が全うできるのか。

そんな私をみて彼女は無理しないで大丈夫。私が育てるからと。彼女にそんなこと言われるくらい私は当時周りから見ても悩んでいたようです。

それでも彼女と別れることは私にはできず一緒になる決意をしました。私の気持ちは固まったのですが、そのあとは、どうやって親に説明しようかです。いきなり、結婚します、2人のパパになりますっていってはいそうですかという親もそうはいないですよね。

もちろん私の親にも反対されました。考えが甘いだのバカだの言われました。絶対に認めないと。

しかし私は何を言われても一度決めたことは曲げない性格だったので家を出てでも一緒になるの一点張りで通しました。

親にも出ていけと言われ、アパートを探して彼女と3歳の子供と一緒に暮らしだしました。2人目の子供が生まれるまでに彼女の親とも会いきちんと認めてもらい、自分の親にも説得は続けました。

そして、二人目の子供が生まれたと同時期くらいに私も親も折れて、彼女と子供2人、彼女の親と食事会を開き全員の顔合わせができました。

それ以降は私の親も彼女の親も孫に非常にやさしく接していただいています。その後もう1人生まれて3人のパパをやっています。

いろいろ迷って親に反対されて本当に考えさせられた期間でしたがあの時逃げ出さず彼女と子供たちと一緒になったおかげで今があるのでよかったと思ってます。その時逃げだしていたら今の幸せがないと思うとあの時の決断は正しかったんだと私は自信を持って言えます。

結婚式でたくさんあったハプニング

5年前、主人と結婚式を挙げましたが、その結婚式はかなりドタバタしたものでした。

準備はもちろん完璧だったのですが、当日は思いもよらないことが起こるものだと感じました。

まず最初に、私の父親が飼い犬のハルを連れてきたことです。

たぶん私が結婚するのが寂しかったんだと思うのですが、「ハルも参列させる!」といって連れてきました。

式場のスタッフさんは、すごく慌てていました。

ハルがおとなしい犬なら参列も叶ったのかもしれませんが、ハルはものすごい暴れ者。こっちの言うことは全くききません。

結果、父親に連れて帰ってもらいました。

結婚式は予定通りの時間で開始したものの、その後もハプニングがありました。

主人の友人が、一人出席できなくなりました。
理由は彼女との別れ話がこじれたようです。

前日の夜から次の日までもつれこみ、彼女が感情的になって警察沙汰にもなったようです。

二次会には来てくれたので話を聞くと、彼はすごく凹んでおり私たちの結婚式どころではなさそうでした。一人で飲みたいような雰囲気でした。
そしてもう一人、主人の友だちが出席できなくなりました。

理由は、日にちを勘違いしていたため。

代わりに、その人の奥さんが出席してくれることになったようです。

それももちろん当日ギリギリのことで、式場のスタッフさんはまたもやものすごく慌てていました。

子どもも連れてくることになるようで、席も増やされていました。
しかし披露宴で私たちが入場すると、なんとその友だちは来ていました!

よく分からなかったのですが、その人なりのサプライズか何かだったようで、結果家族3人が出席してくれたことになります。

ですが、そのことを前もって式場のスタッフさんに伝えていたわけではないようで、スタッフさんのあわてぶりは凄まじいものでした
料理は、彼女と別れ話の友だちが出席できなかったから間に合ったようでした。

私たちには出来るだけ心配をかけまいと、その時はあまり多くを伝えてくれなかったので、全部後になって聞いた話です。

他にも小さいことは多々怒りました。
例えば主人の指に、奥まで指輪が入らなかったこと。
私の歩き方がペンギンのようで、厳かな雰囲気を作れなかったこと。

私の友だちが手紙を読む時、噛みまくっていたこと。

でもこれらは、本当に小さいことのように感じました。
結婚式がこんな感じだったので、その後の生活も私たちはドタバタしたような感じがあります…。

たぶんずっとこんなかんじなんだろうなぁと思っています。

結婚式と二次会での会話ができなかったエピソード

11年前、主人と出会い2年間の交際を得て結婚することになりました。会場や日取りを決めていき結婚式は結構お金もかかるので、自分で作れるものは作りできることは準備していき順調に準備をしていっていました。

私の両親は他見に住んでいたので、数日前に私の家に泊まりに来てくれて、一緒に食事をしたり小さい頃からの話しをたくさんしたりしました。

そして結婚当日、式場へ早めに足を運び本番に向けて衣装に着替えたり準備をし、互いの親族ん挨拶をしたり友人たちと挨拶を交わしたり写真を撮ったりして本番までの時間を過ごしていました。

いよいよ披露宴の時間になり、人生初の大舞台でかなりの緊張。普段ニコニコ私はしているのですが、その笑顔も消え顔がこわばっていたみたいで、周りの方に「リラックス・リラックス」と声をかけていただいたり、変顔をして笑わせてくれたりしてもらって、リラックスさせてもらってはじまりました。

披露宴と言えば、挨拶が多く、お酒好きな主人の友達が多いので「早く乾杯を」と言う方が増えてきたので挨拶を繰り上げ仕方なく乾杯をしました。

特に嫌な顔をする人もいなかったのでよかったのですが、少しは我慢をして欲しかったです。そして、料理が運ばれたり歌を披露してくださったり、踊りを披露してくださったり私たちもお色直しをしたり順調に披露宴が進んでいったのですが、主人は友人にお祝いの席だからということで、いつも飲むお酒の量よりかなり多く飲んでいて、壇上になかなか戻ってこなくなり、結構時間が経った後戻ってきたので私は緊張気分は残っていたので、主人と話しをして気持ちを落ち着かせたかったのですが、私が話しかけても聞いてくれず、ただの酔っ払いが座ってるだけの状態に。

披露宴も終盤を迎え両親に挨拶・来客者に挨拶を主人が担当していたのですが、大丈夫かな?と心配をよそに何故か泣きながらですが、しっかりした挨拶をしていたので驚きました。

主人の両親も来てくれた方々に「ありがとう。ありがとう」と泣きながら挨拶をしていたので、「親子そろってなんで泣くのかな」と少し飽きれてしまった私。

披露宴を終え皆さんに挨拶をしながらお見送り。私たちも着替えを済ませて二次会へ行く準備をしたあと、主人と話したくて話しかけたのに友人が待っていてそこでも話しができず。

二次会の会場へ。披露宴に参加してくれた方と二次会に参加してくれた方と人数も増えたくさんの方がお祝いに駆けつけてくれていたので、挨拶をしたりその後も幹事を勤めてくれた主人の友人が盛り上げてくれていました。ゲームなどもあったので、隙をみて主人に話しかけようとしたのですが、酔っ払っているせいで聞こえていないし、聞く耳持たずで、話しかけるのやめとこうと思ってしまいそのまま時は流れ帰宅。

主人はそのまま寝てしまいました。楽しくいい思い出のはずが、私にとってはいまいち盛り上がらなかった少し寂しい結婚式と二次会の思い出となっています。

この恋愛ってどっちが悪かったのかな…

21の時、自分にとってはハードな恋愛をしました。
ちょうど彼氏と別れたばかりで寂しく退屈な日々を送っていました。
合コンなどの飲み会もあったけれどイマイチ次に進めない。そんな時の友達からの誘いでした。「友達の家に飲みに行こう」と、誘われたのです。時間もあったし即オッケー。女の子三人で友達と言われる人の家に向かったのです。「おじゃましまーす」とドアを開けるとごろりと転がった男の人が「あ、いらっしゃい」とリラックスモードでお出迎え。でもなんなんだろう目が合った瞬間ダメでした。

ヤバい、この人好きかもと。楽しい時間は過ぎて家に帰ることに。彼が「送って行くよ」と家まで送ってくれました。で、「泊まらせてよ」と。え?好みですけどそれはちょっと…と何度も断る私に半ば強引な彼。負けて家に入れる事に。
家に入れる…いけない事が起こる‼︎初対面でそれはイヤだと思い、どうにかこうにか逃げ切りました。

でも次の日からも電話攻撃。猛烈なアタックを受け、付き合うことに。

しかし、彼には別れない!と頑なに別れを拒否する彼女がいた。いわゆる二股…。彼の家でそんなんじゃ付き合えない、ちゃんと別れてからにしてとお願いしていたら合鍵を持った彼女が家に入ってきてまぁ修羅場…。包丁を握りしめ私に向かって来ようとする彼女をなんとか振り切り私を逃がしてくれました。こ、こわい。好きだけど無理!と思い、「やっぱり無理だよ。」と別れを告げました。

凄く短い期間だったけどホントに燃え上がるってこういう事をいうのかと思うほどその人の事が好きでした。何でだろう、どこが好きなんだろう、でも自分の直感。イタイ別れだったけれどその後のうわさ話では彼女が妊娠してたとか、2人で実家に帰ったけどうまく行かなかったとか色々聞きました。

半年くらい経って彼から電話がありました。ちゃんと別れたから会いたいと。会って話しをしました。とても好きな気持ちは変わらないけれど果たしてうまくいく?わたしは幸せになれる?と自問自答を繰り返してやっぱり別の道を歩いていこうと選択しました。

今でも思い出すと切なくなるけれどどこかで穏やかに暮らしているといいなと思うのです。

旦那さまとの結婚まで

結婚して6年半。
かれこれ私達ごが出会ったときから13年目のゴールインでした。
そもそも、私達はアルバイトで知り合いました。
13年前は、まだ、若く、私が22才で、旦那が16才。
まだ高校生の彼を恋愛対象者に考えるなんて全くありません。

その頃は、みんなでワイワイとしている中の一人でした。
その頃から、年下にしては話しやすい感はありましたが。

そんな感じで時間だけが過ぎ、彼が18才なったころ、彼に何があったのか女友達(この子は違う人が好きだった)と、しょっちゅう一緒にいて、私と彼女の好きな人を誘ってきます。
その時点で、私はこの二人が付き合ってると思ってたのですけど。

と思ってたら、突然の告白。
もう驚くしかないです。
6才差でって、全く考えてなかったから。
悩みに悩み、友達にも相談して。

今思えば、悩んだり相談するってことは、6才差でも、ありだったんでしょう。
結局、とりあえず付き合うことにしました。

彼との時間は楽しかったのですが、どこかで年上っぽくしなくちゃという、私の変なプライドなのかな?それがあったのと、実家住まいの自由な学生と生活するのも働いてら私、そこらへんでも考えや行動も違って、年上らしく合わせてはいたんたけど、どんどんそれがキツくなって別れを言いました。
彼は、なかなか応じず大変でしたが別れることにしました。

その後、約10年後ほどして、職場の10周年記念で飲み会を開くことにしました。

そこで、連絡をとることになったのですが、直接話す勇気がなく、手紙を送ったのですが、飲み会当日なっても連絡ありませんでした。
そらから3ヵ月後くらいでしょうか。
突然、彼からの電話が。
今、手紙読んだと。

おそっ。でも遅く読んだことが、なんで今?みたいな、感じで話しやすくしてくれました。

そして流れで会うことになり、待ち合わせ。 見た目はあまりお互いに変わってなく、ひさびさなのにゲーセンなどで遊んで時間は過ぎました。
別れ際、彼からの再び告白。別れて10年たってたのですが私もイロイロあったときで付き合うことに。

ただ私も34才直前。
結婚意識して付き合ってしまう。と今となっては恥ずかしいことも言ってしまいましたが、相手はそれを承知の上で付き合うことに。

そして1年後、結婚が決まり、結婚式場探ししてるときに妊娠発覚。
その後はトントン拍子にすすみ、今は6才なった娘と今年1月に生まれた娘と4人でなんとか生活してます。

そくばっきーな元カレとの恋愛を終えてお見合いサイトで知り合った彼と・・・

高校2年生のとき初めての彼氏ができました。
そのひとは同じクラスの男子で修学旅行をきっかけに仲良くなり、私から告白して付き合うことになりました。
毎日100通はメールをして、週に3回は放課後デートするラブラブっぷり。初めての彼氏、楽しい毎日、完全に浮かれてました…
付き合ってしばらくしても相変わらずのラブラブっぷりだったけど少しずつ少しずつ束縛が強くなっていました。
メールも理由もなく10分くらい返信があくと怒る。
挙げ句の果てには男と喋るな。
男と目を合わせるな。
電話帳から男を消せ。
等言われて…
彼のことが好きだった私は言うことを聞いてました。
そして気がつけば男友達が0に。
当たり前ですよね…
高校3年生になっても彼と同じクラスでした。
束縛されてる状態が当たり前になっていた私。
あのときは完全に束縛=愛だと思ってましたね。
さて、高校3年生のときのクラスには彼が特に私と関わるのを嫌がる男子がいたんです。
そのひとは彼とは真逆タイプのヤンキー系でフランクなひと。
もともとは私も仲が良かったけど、彼の束縛により疎遠になっていました。
…がしかし。
あるとき席替えがあって、彼は一番前の席。私は後ろから二番目の席。
かなり離れた席でした。
で、ヤンキー系のひとは私の斜め後ろ。
まずいなーと思いました。
ただただ「喋りかけないで」と念じてました。その念が通じたのか、とゆうより彼の束縛に気づいていたんだとおもいますが、ヤンキーから話しかけてくることはありませんでした。
しかし事件は突然起きました。
私の前に座ってた女の子とヤンキーが授業中に話してて、女の子のほうが私に話を振ってきたんです。
私は話に入って、喋ってるところを見られたらまずいな…と思ったので「う、うん」と返事だけしました。
で、授業が終わり、彼に話しかけに行くと、彼は机にうつ伏せになったまま無視。「ん?あれ?聞こえなかったかな?」と思ってもう一回話かけてもやっぱり無視。
寝てるフリか!と思ったので、つんつんと指で突いて「なんで寝てんだよ〜♫」とふざけた瞬間…

バリーーン‼︎
…え。フリーズ。
彼は教室の窓を割ってカバンを持って出て行ってしまいました。
そのときはなんでそんなことが起きたかわからなかったけど、後から聞いたところ、あのヤンキーと話してるのを見たから。とのこと。
…話してねーよ‼︎と思いましたがなにより呆れてしまいました。
結局彼は1週間の停学。
私と彼は別れました。
あれ以来束縛するひとは絶対無理です。
彼は異常でしたけどね。笑
まー、いまでは良い思い出です。
若いからこそできた恋愛だなと思います。

PS

今は流行りのお見合いサイトのランキングから出会った彼氏とお付き合い。
意外と相性が良くて結婚も視野に入れてます。
それもこれもあんな恋愛経験を積んで大人になったからかな^^;

中学時代の甘くて苦い私の初恋

幼稚園の時とか、小学校の時。それなりにかっこいいなとか、好きだなとか思った男の子はいた。でも、それはちょっと気になる程度で恋とはいえないものだったなと大人になると感じる。
私の初恋は間違いなく中学二年生の頃だ。
仲良しの男子の家に遊びにいったら、たまたまいた初めてあった男の子。会った瞬間、顔がほてるのがわかった。私はもともと赤面症だったのでそれが恋によるものだとその時は全く気づかなかった。そのまま遊びにまぜてもらい、みんなでゲームをして遊んだりサッカーをしたりした。とても優しい人で、私の周りの男友達とはあきらかに違う、大人っぽい男の子だった。
その後も何度か一緒に遊んだ。携帯を持つようになってからは、その共通の友達がいないときも連絡をとって遊ぶようになった。本当に気が合う、楽しい友達だと思った。そんな時、私の学校の友達が彼のことを一目惚れしたらしく、仲良くなりたいという話をしてきた。私はその時はなんの抵抗もなく、じゃぁみんなで遊ぼう!と次の日には彼と友達を含めてみんなで遊ぶ計画を立てた。が、実際その時になって他の子にも優しくする彼をみてなんだかモヤモヤとイヤな気持ちがしてきたことに気がついたのだ。いわゆるヤキモチだったのだろうがほういう方面に疎かったので全くわからなかった。わからなかったどころか、彼にそのことを相談してしまう始末。「すきです」と告白してしまっているようなものだったろうに、彼は、「じゃあ、優しくするのは○○(私)だけにするから大丈夫だよ!」と言って笑ってくれました。
そして、何ヶ月かたって、バレンタインの日に友チョコを普通に渡した私に彼から、付きあおうという話をしてくれました。いつまで経っても関係が変わらない、あまりにも鈍感な私にどれだけイライラモヤモヤしたことでしょう。今でもその時の話を笑って話してくれます。私の最初で最後の恋がこの恋です。今も彼の隣に居座っているのは私で、その横にはチビ達が3人。初恋は実らないというけれど、そうでもかった私の恋でした。

クラスも部活も同じだった同級生の彼との、素敵な初恋体験

私は学生時代に大恋愛をしたことがあります。それは私にとっても彼にとっても初恋でした。高校1年生のときに、私のクラスに彼が転校してきたのが、出会いのきっかけでした。どうやら、両親の都合で、引っ越しをし、私の高校への入学が遅れてしまったようでした。
私は、自分のクラスにすでに気になっていた人がいたのですが、その彼を見た瞬間に、「いいな」と思ってしまいました。つまり一目ぼれです。顔はそんなにイケメンという感じではありませんでしたが、堀が深くて、目力が強い素敵な顔でした。
周りの女子も男子学生の転校に興奮していたので、「できれば早いうちに仲良くならないと、誰か別の女子に取られちゃうな」ととっさに思いました。
数日間、まったく話すチャンスはなかったのですが、突然、急接近できるチャンスが来たのです。それは私が所属していた陸上部に、彼が見学に来たのです。部活が終わってから、彼に話しかけることができたのです。
どうやら走るのが好きなようで、部活の話で盛り上がりました。数日して、彼が正式に入部したので、それから毎回教室でも、部活でも会え、お互い近くにいれば、話すし、メールもするようになれたのです。
私は最初から、彼をいいな、と思っていたのですが、彼も私をいいな、と思っていてくれたようで、3か月ほど経ち、メールで告白されました。彼の見かけも性格も、走っている姿も全部好きだったのでもちろん付き合うことにしました。
彼と初めてキスをしたときはすごく緊張しましたが、優しくしてくれ、本当に良い思い出です。大学生になるまでずっと付き合っていましたが、そのあと、遠距離になってしまい、お互い寂しさに耐えられず、別れることになってしまいました。別れたときは、悲しくて毎晩泣きました。
デートやキスなど、初めてのことは彼とたくさん経験でき、すごく幸せでした。喧嘩もほとんどなく、毎日楽しかったです。これからもこんな素敵な恋がしたいな、と常に思っています。

最後のX.mas.のring.

私の初恋はLちゃんだったです。

中学に入って一目惚れをしてかなり気になっていたんです。

でもなかなか距離がちかづかや近づかなくてチャンスを待っていたんです。

ある日すすんだやつがいて王様ゲームをしていたんです。

そこで愛しのLちゃんがいて私はL.ちゃんとチュウをすることになったんです。

L.ちゃんは顔を真っ赤にしています。

でもかなり嬉しかったです。

でもL.ちゃんへの思いは止まることを知らず結局告白をしたんです。

L.ちゃんもずっと好きだったらしくL.ちゃんとの楽しい日々がはじまったんです。

L.ちゃんは私とはまったく違う進路で帰るのですが大回りをしていっしょに下校してたんです。

下校途中に自販機のジュースを飲んでまったりとお話しする毎日が続いたんです。

本当に幸せな下校だったです。

でも高校に入るとL.ちゃんは私立で私は都立なのでお別れです。

重ねたL.ちゃんの思い出が蘇ります。

L.ちゃんとこ思い出もなくなってしまうかもしれないです。

今でもL.ちゃんが好きです。

L.ちゃんと団地の階段に座って話したり、あとはL.ちゃんの家に夜中に行って窓をこんこんってやって雪の中カラオケに行ってそれに気づかれて補導されたり、いろいろなことがあった3年間だったです。

私がもっと勉強ができればいっしょの高校に入れたのにって今更ながら後悔しています。

試験一週間前にはいつL.ちゃんと図書館で勉強を教わった習に付き合ってもらったり、L.ちゃんを横にしてその上をオーリーしたり、空き家に毛布を持ち込んで2人で暖めあったり、懐かしいです。

L.ちゃんは都内の方に引っ越して自然消滅、30を超えてあったL.ちゃんはporsche.に乗ったさわやかな男性と結婚していたんです。

左手の薬指には指輪が、でもよく見るとお別れの年のX.masにプレゼントしたリングだったんです。

でもL.ちゃんはこっちを見るとニコッとして車に乗って行ってしまったんです。

パワーの源は最強の彼女。

私は最強です。

今の彼女はかなり最強です。

というのは私はその彼女と出会って私は思ったんです。

この女はどんなことをしてでも手に入れなくてはならない、血の滲むようなことをしてでも手に入れたいと、というのは単純に性格がいいのですが見た目です。

華奢なんですが胸がGcupなんです。

かなりぶったまげたんです。

私はグラフィックライターなので街で見かけてモデルをお願いしてそれでlineのI.D.をゲットしたんです。

やりとりしているうちに仲良くなっていってなんか付き合うことになったんです。

でも断ったんです。

私はお金では買えないものは全て持っていたんです。

でもそれだけでは本当の幸せは手に入れられないのだと思ったのです。

だから猶予をもらったんです。

あとはしはらく合わないと私も結構無敵のだとかっこよさを持っていたのですが、私が気にかけたのがかなりかっこいい車とかでデートしたかったのです。

私は単純に器用貧乏なのでお金を作ることに執着しようと思ったのです。

お金が全てではないけどお金も手に入れてもてなしたいのだと、じゃないと私からすると失礼になってしまうと、私はそこまで思ってしまったのです。

それから私は勉強をしまくったんです。

まずはライティングで資金を作りながら株やFXの勉強もしたんです。

2年間待ってもらったんです。

2年後私は晴れてお金を手に入れて心いくまで彼女と幸せに過ごしたんです。

人間はやればできるんです。

愛なんてって私は思わないです。

人が死ぬ気で人を愛した時にミラクルは必ず起こると私は信じてます。

だからそれからは勉強と鍛錬を欠かさないでがんばってやってます。

でも本当に素敵な彼女です。

しかも若くてピチピチなんです。

私達はいつも彼女が車を運転して私は株価をチエックしています。

ドーベルマンを飼うつもりです。

まだ結婚には至らないですが絶対にパリの教会で挙式を行います。

楽しみです。

子供は娘が1人ほしいです。

本当に大好きです。