素敵だった恋人は想像を絶する人だった

20歳の時の恋人の話しです。私にとっては彼が初めての恋人でした。アルバイトしていた会社の社長の息子さんで、初めて見た時に私は彼に一目惚れしました。新入りの私にとても気を使って接してくれる人でした。そのため仕事も早く覚えられました。

ある日彼から連絡先の交換をしないかと聞かれました。飛び上がる程嬉しい気持ちを抑えて、こうかんしましょうと返事をしました。次の日に交換をしたのですが、仕事が終わって、帰宅してすぐに彼からメールが来ました。電話で話したいと書いてありました。

そして、すぐ返事をして電話がかかってきました。お互い照れ臭くて恥ずかしいような歯切れの悪い会話でした。ですが、次の瞬間驚くような事を彼が言いました。付き合おうと。私は即答で、はいと答えました。そこからは会社には内緒でお付き合いがスタートしました。

彼は休日に特別な用があるから休日はあまり会えないと言われていました。なので、会うのは仕事が終わってからが多かったです。始めは7時から終電までというような約束だったのですが
だんだん始発までというような会い方になっていました。

ですが、いつから真夜中でも家に来いと誘われるようになりました。迎えも無しだったり、終電が無くなっている時はタクシーで来いと言われる事もありました。勿論タクシー代は私の自腹でした。その頃から、彼の休日の特別な用が何なのかがわかってきました。

彼は某アイドルグループの熱狂的なファンだったようでアイドルのイベントの度に毎週のように大阪から東京に行っていたようです。打ち明けられた時は反応に大変困りましたが、笑ってごまかしました。それだけならまだ許せましたが、彼はブランド大好き人間だという事もわかりました。

デートの時は上から下まで全身ブランドで固め、待ち合わせ場所に着くと挨拶よりも先に今日着てきたブランドの名前を1つ1つ丁寧に紹介してくれました。ブランドに疎い私にはサッパリ分からず、凄いねとしか言いようがありませんでした。

挙句の果てには、某ブランドの時計をねだってくる始末でした。僕は○○○○の時計が欲しいんだ。誕生日がもうすぐでさ…とアルバイトの私から貰おうと必死になっていました。その時やっと私も目が覚め、この人は住む世界が違う人なんだと気づき別れる決断が出来ました。

良き人生経験になりました。

見つめることしかできなかった恋の行方

初恋って本当に甘酸っぱいですよね。
恋愛経験もほとんどなかった小学生時代、あたしは同じクラスになった家が近所の男の子に恋をしました。
彼は頭もよくかっこよく、スポーツ万能。
まるで漫画の世界から飛び出してきたみたいなそんな感じの男の子。
しいていうなら、背は高くはなかったけど、クラスの人気者でした。

仲良くなったきっかけはクラスの席替え。班がたまたま一緒になったこと。
ケンカ交じりの言葉もかわしながら楽しく過ごしていました。
数か月後、また席替えがあり、あたしと彼は別々になりました。
その頃からでしょうか?彼は授業と授業の合間の休憩の時間にあたしにちょっかいをかけてくるようになりました。
あたしはこの頃には恋心はなく、そんな行動に本当にイラついていました。
だって毎休みに、当時長かった髪を引っ張られては、反撃もままならず逃げてゆかれそれを追い回す日々。
彼の友達やあたしの友達も巻き込んで、毎日廊下で運動会してました。

そんなある日、彼とあたしは近所なので、偶然、学校からの帰り道で会ってしまいました。
相変わらず容姿のことや、あだ名をつかってあたしをからかってくる彼。

あたしは心の底から彼に「大嫌い!!」と叫びました。

そうしたら彼、急に勢いがなくなり、驚いたような表情をみせました。
その顔色はみるみる悲しみの顔にかわり、そのまま何も言わずに言ってしまいました。

そしてそれ以来、彼のあたしへのからかい行動はなくなりました。
あたしは、毎日もやもやしていました。
からかわれない、寂しさ?
構ってくれなくなった、つまらなさ?
彼の友達はしばらくは変わらずからかってきたりしてましたが、彼は絶対に参加しませんでした。

どうしてかこんなタイミングで気づくものです。
あたしはもうこの時、恋に落ちていたのです。
彼という存在はもうあたしの中ではとてつもなく大きくふくらんでいました。

今頃、今更。
好きと気づくなんて。

それからは、毎日彼を目でおう日々。
見つめる先の彼は変わらない。
そのうち、違う女の子にちょっかいをかけだした彼。
それでも見つめていることしかできないあたし。

中学生になってもそれは続き、あたしはずっと彼にずっと片思いしていました。
何の根拠もないのですが、いつかきっと思いは届き叶うと信じていました。

なにも起きないまま、もちろん一言も言葉をかわさないまま
3年間の中学生活終了。

高校は別でした、あたしはもう彼を見つめることすらできなくなりました。
それでも彼が好きで、駅で彼を見かける日は心躍らせていました。

ですが、恋の終わりはもうすぐそばまできていました。
ある日街で友達と遊んでいるときに、偶然にも彼を目撃しました。
久々に見た私服姿の彼のとなりには、かわいい、とてもかわいい女の子。

何の根拠もなかった自信はもちろんあっけなく崩れました。

だめなんだ、想ってるだけじゃ気持ちは伝わらないんだ。

今考えれば当たり前のことですが、このとき初めて心からそう想いました。
あたしは玉砕覚悟で彼に想いをぶつけました。
小学生時代のあの日以来、ずっとできなかった言葉を交わしたのです。
結果はもちろんNO。当たり前です、彼女いるし、彼女見たし。
でも、あたしにとってあの告白は大きな一歩でした。

見つめ続けるだけの、静かで深い恋心。

自分の気持ちをきちんと相手に伝える勇気。
この初恋で学びました。

長い長い私の初恋は実ったのか??

「初恋」は実らないとよく言うけれど、私の初恋は実ったことになるのだろうか。
自覚がある初恋は確か小学校3年生のとき。席が隣で、とても仲の良くなった男の子がいた。算数とサッカーが得意で、基本的にいつもジャージで学校に来ていた。私たちはよく話したし、今考えてもあの時が一番仲が良かった。その頃女子の間では恋愛話が流行っていたし、私もその男の子が好きだ、と女友達に告げた。それがきっかけかはわからないけれど、私たちはクラスの中で噂になってしまった。それからは気まずくて、お互い意識してしまい、あまり話せなくなってしまった。それでもバレンタインにはチョコレートを彼に渡し、結局小学校3年から中学3年までずっとその男の子に本命チョコを渡し続けることになる。毎回彼はお返しをくれたし、人目を避けて家まで届けてくれたこともあった。でももう私たちは以前のように話すことはなかった。中学ではクラスが分かれてしまい、たまにすれ違っても、なんだか大人びてしまっていて近寄り難かったし、彼がクラスでかなり荒れている、ということを風の噂で聞いたりもしていた。
その間に一度だけ、学校から帰るときに、雨が降っていて、下駄箱でどうしたらよいかと私が困っていると、さっと彼が黒い折り畳み傘を差し出してくれて、自分は何も言わずに雨の中を走って帰ったということがあった。私は天にも昇りそうなくらいうれしかった。でもそれからも親しくなることはできなかった。
中学の卒業を迎えて、私は思い切って告白をすることにした。高校は別々で、もう会えなくなると思ったからだ。小学校時代のクラス名簿で調べて、彼の自宅に電話をかけた(携帯は当時ない)。私は一言、「付き合ってください」というと、彼は「いいよ」と一言。でも私もそして多分彼も、「付き合う」ってどういうことかよくわかっていなかった。当時私は少女漫画を読み漁っていて、告白してOKがもらえさえすれば、デートしたり、楽しい毎日が勝手に始まるものだと思っていた。でも実際はそれからも何の変化もなし。告白した自分が積極的にがんばらなくては何も始まらなった。私は電話だけで精一杯のエネルギーを使っていたので、それからも少しだけがんばったけれど疲れてしまってこれって付き合ってるのかな?と疑問に感じたりして、結局ダメになってしまった。今でも彼のことを思い出すと、少し切なくなる。

あれは恋だったのか、不倫だったのか。

あれは社会人になって1年少しが経った頃。慣れない職場でストレスがたくさん溜まっていた。同期は同じ部署にはおらず、取引先、同僚、顧客、関係者全てが自分より年上で、同じ立場の人がいなかった。そんな中、中途入社で私より1か月遅く入社した男性が彼だった。歳は一回り以上上、社会人経験も比べものにならなかったけど、その職場ではお互い「新人」ということで、よく愚痴を言い合っていた。気のいいお兄さんという感じ。私は仕事を辞めたくて仕方がなく、当時付き合っていた彼氏と結婚を機に退職したい、と思っていた。彼氏とは遠距離恋愛だったので、自分がその会社を辞めて、彼の近くへ行くつもりだった。しかし、いろんなことがかみ合わずに、破局。未来が見えなくなった。落ち込んでいたところ、飲みにつれて行ってくれたのが職場の彼だった。彼は既婚者で子供も2人いたし、完全に安心してそれからも仕事帰りにドライブをしたり、花火を見に行ったりした。初めて二人でドライブに行った帰り、私の家の近くの駐車場に車を停めて、彼がキスをしてきたときも、特に驚かなかった。私は少し投げやりになっていたし、彼も遊び慣れているな~くらいにしか思わなかった。彼の奥さんは、彼の帰りが遅くても、朝帰りしても何も言わないそうだ。彼も子供はかわいいけれど、奥さんにはそんなにもう気持ちがないらしい。既婚の男心ってこんなドライなんだと、思った。
私はそれまで特に遊び慣れていなかったので、そのうち彼のことが本気で好きになってしまった。奥さんから奪えるとか奪いたいとかは思わなかったけど、不倫関係になってもいいと思ってしまった。彼はなかなかキス以上のことはしてこなかった。彼に聞くと、「○○ちゃん(私の名)がたぶん耐えられないと思うから。」「例えば今車の中で盛り上がってホテルに行くとする。ホテルまでの道順や部屋まで歩いているうちに頭の中が冷めてしまうと思う」と言われた。
結局、その彼とは金銭トラブルもあり、二人で会うことはどんどんなくなっていった。深入りしないでよかったと今は思っている。

短大生の時に付き合った彼

まだ、恋に恋をしていた年頃でした。付き合ったのも初めてで、男性から「好きだよ」と言われたのも初めてで、とても舞い上がってしまっていたのです。

手を繋ぐだけで、真っ赤になってしまい、隣を歩けるだけで幸せで、騙されているなんて考えもしませんでした。

そのうち、彼氏は私の通っている短大にまで遊びに来るようになり、「俺の友達が彼女募集中だから、友達誘って合コンしよう」と言ってきたのです。

私の彼氏やその友達を見た同じ短大の女の子友達も、「合コンしたい!」とはしゃいでいたので、みんなが楽しめるのならと、企画をしました。

そして、私と彼氏は単なる企画係で、みんなが楽しむのを遠目で眺める感じになるのだろうと思っていたのです。

ても、当日、彼氏はなぜか「あんまり俺らが一緒にいて楽しんでいたら、周りに悪いから、俺らは別々に盛り上げ役になろう」と言ってきたのです。

それもまた、私は、周りのことをきちんと考えられる優しい人だ勘違いしてしまっていました。

そして、私は彼から離れて、女の子の友達と一緒にはしゃいでいました。

そのうち、ハッと気づくと、私の友達の可愛い子と、なぜか私の彼氏が親密に話していたのです。

かなりの近距離で、二人きりでヒソヒソ話していました。

そして、トイレに立ったと思ったら、そのまま二人とも消えてしまったのです。

慌てました。

すぐに、電話をしたけど、全く繋がらなく、その友達に電話をすると、「ちょっと酔っちゃったから送ってもらうだけだよ」 とのことでした。

でも、どうしても腑に落ちなくて、翌日彼に会ってたずねると、「そんなつもりなかったんだけど、どうしても送って欲しいって言うから」と。

「夜道に酔った女の子置いてく訳にいかないだろ」とのことでした。

でも、女の子の友達に聞くと「え?あの人彼女いないって言ってたよ?すごい迫られて、家まで行きたいって言うから連れてったけど、しつこいからビンタして帰した」と言っていました。

他の女の子の友達も、彼に誘われたと言うのです。

結局は私はただ遊ばれているだけで、舞い上がってるのを見て面白がっていただけだったのだと気づき、ガッカリしました。

常連客の彼女に惚れた私ですが無実です。

前に居酒屋でアルバイトをしていた時の話です。週4ぐらいで店に来る常連の男性のお客さんがいました。
 その常連さんとは仲良くなって良く話をしてました。そんなある時、その常連さんが、「彼女がアルバイトしたがってるんだけど、ここで雇ってもらえないかな?」と言ってきたのです。
 私はただのアルバイトだったので、「店長に聞いときます」とだけ答えておきました。
 そのことを店長に話すと、従業員不足もあってすぐに面接に来てくれと言ってました。
 結果すぐに採用になったのですが、この彼女がとても可愛らしくてびっくりしました。彼女は29歳なのですが見た目はどう見ても20代前半にしか見えない感じでした。
 常連の男性とは同棲しているみたいでしたが、私ははっきり言って一目惚れしました。
 彼女は仕込みから入る早出とラストまでの遅出とどちらもOKだったので、開店前の準備時間とか閉店後の片付けとか、何かと彼女の側に寄っては話しかけてました。もう彼女に会うためにバイトに来ているようなものでした。
 常連の男性が来ている営業時間内は、その男性と楽しくお喋りして彼女にはそっけなく事務的に指示を出してる感じでいました。
 そして、営業が終わると大体ラストは2人なので、ドキドキタイムを楽しんでました。彼女も満更でもない感じだったので、私は有頂天になっていたのだと思います。
 そんなある時、さんざんイチャついてから2人で店を出ると、裏口の所にあの常連の男性が立っていて、「おまえら何していた!」といきなり怒鳴りつけてきたのです。
 私は身体が硬直したまま一歩も動けませんでした。彼女も顔を強ばらっせて震えていました。
 その男は私の胸ぐらを掴んで睨みつけてきました。もう今にも殴りかかってきそうな勢いで、「何をしてたか言ってみろと言ってるんだよ!」激しく怒鳴り散らしてきました。
「なんにもしてないよ。店の片付けをしてただけだからそんなに怒らないでよ」と彼女が男性をなだめようとしました。
 その後も散々罵られて暴言を吐かれて殺されるかと思いました。何とか彼女が説得してくれて、怒りが治まっていないようでしたが、彼女に連れられて帰って行きました。
 私がひと言も謝らなかったのがいけなかったみたいです。なぜ謝らなかったかというと、彼女とはイチャイチャと話していただけで、手は出していないからです。
 心は完全に惹かれてましたが、実際には手を握ることことすらしてませんでしたから何を言われても、私は無実であると言い切れました。
 結局彼女はその日以来店を辞め、あの男性客も2度と現れる事はありませんでした。

最初で最後の年下の彼

大学時代、約2年間彼氏ができないでいました。前の彼にあまりいい思い出が無く、少し恋愛が億劫に感じていました。出会いの場はあるものの、いざ付き合うとなるとダメになってしまったり、なんと彼女がいる人だったりと、あまりいい人に出会うことが出来ないでいました。

そんなある日、当時の友人の紹介で、一つ年下の彼に出会いました。当時21歳、彼は20歳でした。今まで私は年下と恋愛したこともなく、正直対象外だと思っていましたが、会ってみると、今まで付き合ってきた年上の彼と大差はなく、自然に仲良くなりました。初めて会った時の印象は少し照れ屋で、でも落ち着いていて、考えがしっかりしている人、という印象でした。

2人で会う機会が増えたある日、彼の方から付き合って欲しいと言われました。しかし私は以前の恋愛の経験から、一歩踏み出すことができず、少し返事を待ってほしい、と伝えました。当時彼氏が居ない約二年が私にとってはすごく長く感じていましたし、正直、年下の彼と付き合ってうまく行くのか不安でした。しかし待ってもらっている間もせかすわけでも無く、普段と変わらず彼は接してくれていました。告白から約一週間が経ち、このまま期間が長くなればなるほど、私は誰かと付き合うことに踏み出せなくなるのではないかという思いもありましたし、今の彼なら、もしかしたら大丈夫かも、という思いもあり、彼に付き合おうと伝えました。

約2年前付き合っていた彼は束縛が酷く、切れやすい彼でした。年上で社会人だった彼でしたが、私のほうが一歩大人になるにつれ、うんざりして別れました。別れるのも簡単ではなく、凄く苦労しました。今回の彼はそういった面は見えませんでしたし、穏やかでしたので、きっとうまくいく、と期待していました。しかしそれは勘違いでした。

付き合うことになった途端豹変したのです。当時勤めていたアルバイト先の人たちと男女関係なく仲が良く、よく皆で仕事終わりに遊びに行っていたのですが、それを辞めてくれと言われました。付き合うまではそういった話も笑顔で聞いてくれていたのですが本当は嫌だったと。なんだか嫌な予感はしたのですが、私も付き合うと決めた以上、不安な気持ちにはさせたく無かったので、心配の必要がないようにすると伝えました。しかしそれが間違いだったのか、アルバイト先に彼が迎えにくるようになりました。少し残業をすると何をしていたんだとおこられるようになりました。本当に仕事をしていた、といってもわかってもらえず、怒られる。

次第に私は疲れて行き、付き合うことになって1か月という早い段階で別れを切り出しました。彼は泣いていました。他に男ができたんだと。最早私の中での彼は以前の彼と変わりがありませんでした。付き合う前は背伸びしていたんだなと。その彼と別れるのはそんなに苦労はありませんでしたが、私はつくづく恋愛はこりごりになりました。男運が無いのか自分に原因があるのかと。年下との恋愛はそれが最初で最後になりました。

18歳童貞の恋の行く末

僕が18歳のときパチンコ屋でアルバイトをしていたときの話です。

まあ年頃とあっていろんな女性に話しかけまくってたのですがその中でもそのパチンコ屋の28歳の女性ととても仲良くなりました。当時18歳の僕からしたらかなり魅力的。

最初は連絡先を交換してよくメールをしていました。その女性は店員ではなくワゴンさんだったので制服もかわいく僕にはとても可愛く写りました。

すごく優しくて笑顔のかわいい女性でメールを続けるうちにかなり仲良くなって今度2人で出かけることに。僕はもしかしたらなんかあるんじゃないかとわくわくしながらその日を待っていました。

ただそのときまだ童貞で女性とおつき合いしたことはなくどこに連れていけばいいのかなあとかどんな話をしたらいいのかとかどうやってHに持ち込めばいいのかなどかなり一人で考えているうちにデートの日がやってきてしまいました。

いざデート当日集合場所に到着し彼女をまっているとすぐ現れました。 いやー私服もいいと思いつつ手を握りなきゃて手を見てみるとなんと左手薬指に指輪が。

一瞬、は?と思いつつ恐る恐る聞いてみることに旦那とは言えなかったので彼氏いるんですか?と聞いてみると普通に結婚して子どももいるよと。

正直撃沈でした

メル友募集サイトで知り合った人と結婚した

私が彼と知り合ったのは、大学4年生の頃でした。研究が本格化する前に、せっかくだから男性と少し思い出を作っておきたいなと思ってメル友サイトに登録したのです。
今で言うところのネット婚活サイトといったところでしょうか。
登録者の一覧を見てたまたま開いたのが彼のプロフィールでした。職業欄には海軍軍人と記載されていました。私は重度のミリタリーオタクで、結婚するならば軍人のような人が最高だと思っていました。なので、彼に勢いに任せてメールをしてみたのです。
「あなたに愛国心はありますか」
これが私が初めて彼に出したメールでした。女性からこのようなことを聞かれたことは彼もなかったらしく、最初から私に興味を持つきっかけになったそうです。
彼とはメールをやり取りし始めてから2週間後に初めて会うことになりました。場所は東京の秋葉原です。二人共ゲームやミリタリーが好きだということもあって、この街は遊ぶには最適でした。
この時は一緒にレストランに行った後買い物をして終わりました。そしてその再来週にまたデートをすることになったのです。その時のデートは映画を観ることになりました。当時タイミングよく戦争映画が上映されていたので、二人で迷うまでもなくそれを観ることにしました。お互いに戦争には詳しいので、その映画はかなり盛り上がりましたね。映画が終わって駅に向かっている時に、彼から告白をされて付き合うことになりました。
それからは任務で多忙な月があったりして、会えない時も多かったです。それでも私は彼を待ち、上陸した時にはより頭がよくなっているようにと研究に精を出す毎日が続きました。
多忙な時期が終わったらまた週末デートができるようになり、仲の良いまま付き合って1周年の記念日を迎えました。
社会人になってからも交際は続き、私が慣れない業務で挫けそうになっている時もいつも励ましてくれました。そして働き始めてから6ヶ月ほど経った時に、彼に東京のとあるホテルに一緒に来てほしいと言われました。特に予定もなかったので彼にその日ついていくと、部屋で急に彼が改まった態度をとったのです。どうしたのだろうと思っていたら、彼が「僕と結婚してほしい」とカバンの中から婚約指輪の入ったケースを取り出したのです。大好きな彼だったので嬉しくて堪りませんでした。
その彼とは無事結婚し、今も幸せな毎日を過ごしています。

結婚するまで旦那との道のり

私が今の旦那と出会ったのは友達の紹介でした。
その時はまだ彼氏がいたため紹介といっても友達としての紹介でした。
第一印象はお互いにサバサバしてるなこの人的な感じでした。
そのためそこまで仲良く遊ぶという感じでもなかったのです。

旦那と出会ってから2年くらいたった頃、つきあっていた彼氏と別れました。
そのショックから一人でいるのは無理で毎日のように誰かと遊んでいたのです。
もちろん何度か今の旦那とも飲みに行ったりもしました。
しかし、特別な感情はお互いまったくおきませんでした。

それからしばらくして高校の時の同窓会があったため友達と行ってみたのです。
そこで久しぶりに会った男友達と話をしました。
するとびっくりすることがおきました。
その男友達と旦那が兄弟だったのです。
思わずそこで大爆笑してしまいました。
こんなに近くに兄弟がいるなんて世間は狭いと改めて感じました。

それから何度か旦那の家に遊びに行くようになりました。
そうしているうちに旦那との距離も友達から彼氏へと変わってきたのです。
私的には第一印象などあまりよくなかったためまさか彼氏になるとは思っていませんでした。

旦那とつきあい始めて3年後に結婚することになりました。
私からのプロポーズです。
はっきりしない旦那のプロポーズをいつまでも待つのが嫌だったため役所に行き、婚姻届をもらってきました。
そして、私の名前を書いて彼に渡したのです。
その行動に彼もびっくりしてようやく踏み出せたようでした。

旦那の親と私の親と挨拶が終わり、結婚式の話が出た時です。
旦那の親がまわりに挨拶してまわるのが面倒なため結婚式はやらないでほしいと言われました。
頭の中真っ白です。
まさかそう言われるとは思っていなかったため口が開いたままでした。
しかし、旦那の親の意見を聞かないわけにもいかず結局は写真撮影だけすることになりました。
写真だけでも思い出として残しておきたかったからです。

今では旦那の親とも仲良しですが結婚に至るまでいろんな出来事がありました。