抑えられない気持ちで走ってしまった恋愛

私が社会人になって働いた職場は、職員の仲がとても良くて、頻繁に飲みに行ったりしていました。
好きになった彼もその中にいたのですが、私より一つ上で仕事経験としては3年長い人でした。
私はどちらかと言えばおっとりしているのですが、彼は自分の意見があったらしっかり主張する、頭の回転が速くて賢い人でした。
私は大学を卒業するまでくそ真面目な人生を送っていたのですが、彼はやんちゃな青春を送ってきており、お酒が入るとその武勇伝なども語っていました。
自分にないものを持っているので、おもしろいなと思っていました。

ある時の飲み会で彼が、周りの人が酔って寝てしまい、私と二人だけが起きているという状況になった時に、「○○さんって、周りにあまりいないタイプやわ。最近気になっている。」と言うのです。
その言葉で彼のことを好きという気持ちがわき上がってきました。

彼は女性慣れしていていわゆるもてるタイプで、彼女がいることもわかっていました。
でもその言葉が何度も頭の中を繰り返して、苦しくなってきました。

ある時私は彼を食事に誘い、彼がOKしてくれ、たびたび二人で食事をする関係になりました。
そして彼が私のアパートにも来るようになりました。
私は気持ちを抑えられず彼に「好きです」と告白をしてしまいました。

彼女がいるからどうしようということにはなったのですが、それからもアパートで会う関係が続き、
彼は彼女と別れて私とということも口にしてくれていました。
しかし彼女にばれてしまい、そこからしばらく距離を置きました。

彼女と話し合った結果、彼は彼女と別れないという選択をして、私との関係を切ることになりました。
自分が招いた結果ですし、彼女ありの人を好きになると、こうなることは想定していました。
想定していたとは言え、振られてからも職場で顔を合わせるのでとても辛かったです。

彼は浮気をしたことを彼女に責められ、結果として彼女が前から話していた結婚を受け入れることになりました。彼の結婚報告を聞き、その場では笑っていましたが、家に帰ってから放心状態になりました。