常連客の彼女に惚れた私ですが無実です。

前に居酒屋でアルバイトをしていた時の話です。週4ぐらいで店に来る常連の男性のお客さんがいました。
 その常連さんとは仲良くなって良く話をしてました。そんなある時、その常連さんが、「彼女がアルバイトしたがってるんだけど、ここで雇ってもらえないかな?」と言ってきたのです。
 私はただのアルバイトだったので、「店長に聞いときます」とだけ答えておきました。
 そのことを店長に話すと、従業員不足もあってすぐに面接に来てくれと言ってました。
 結果すぐに採用になったのですが、この彼女がとても可愛らしくてびっくりしました。彼女は29歳なのですが見た目はどう見ても20代前半にしか見えない感じでした。
 常連の男性とは同棲しているみたいでしたが、私ははっきり言って一目惚れしました。
 彼女は仕込みから入る早出とラストまでの遅出とどちらもOKだったので、開店前の準備時間とか閉店後の片付けとか、何かと彼女の側に寄っては話しかけてました。もう彼女に会うためにバイトに来ているようなものでした。
 常連の男性が来ている営業時間内は、その男性と楽しくお喋りして彼女にはそっけなく事務的に指示を出してる感じでいました。
 そして、営業が終わると大体ラストは2人なので、ドキドキタイムを楽しんでました。彼女も満更でもない感じだったので、私は有頂天になっていたのだと思います。
 そんなある時、さんざんイチャついてから2人で店を出ると、裏口の所にあの常連の男性が立っていて、「おまえら何していた!」といきなり怒鳴りつけてきたのです。
 私は身体が硬直したまま一歩も動けませんでした。彼女も顔を強ばらっせて震えていました。
 その男は私の胸ぐらを掴んで睨みつけてきました。もう今にも殴りかかってきそうな勢いで、「何をしてたか言ってみろと言ってるんだよ!」激しく怒鳴り散らしてきました。
「なんにもしてないよ。店の片付けをしてただけだからそんなに怒らないでよ」と彼女が男性をなだめようとしました。
 その後も散々罵られて暴言を吐かれて殺されるかと思いました。何とか彼女が説得してくれて、怒りが治まっていないようでしたが、彼女に連れられて帰って行きました。
 私がひと言も謝らなかったのがいけなかったみたいです。なぜ謝らなかったかというと、彼女とはイチャイチャと話していただけで、手は出していないからです。
 心は完全に惹かれてましたが、実際には手を握ることことすらしてませんでしたから何を言われても、私は無実であると言い切れました。
 結局彼女はその日以来店を辞め、あの男性客も2度と現れる事はありませんでした。