最後のX.mas.のring.

私の初恋はLちゃんだったです。

中学に入って一目惚れをしてかなり気になっていたんです。

でもなかなか距離がちかづかや近づかなくてチャンスを待っていたんです。

ある日すすんだやつがいて王様ゲームをしていたんです。

そこで愛しのLちゃんがいて私はL.ちゃんとチュウをすることになったんです。

L.ちゃんは顔を真っ赤にしています。

でもかなり嬉しかったです。

でもL.ちゃんへの思いは止まることを知らず結局告白をしたんです。

L.ちゃんもずっと好きだったらしくL.ちゃんとの楽しい日々がはじまったんです。

L.ちゃんは私とはまったく違う進路で帰るのですが大回りをしていっしょに下校してたんです。

下校途中に自販機のジュースを飲んでまったりとお話しする毎日が続いたんです。

本当に幸せな下校だったです。

でも高校に入るとL.ちゃんは私立で私は都立なのでお別れです。

重ねたL.ちゃんの思い出が蘇ります。

L.ちゃんとこ思い出もなくなってしまうかもしれないです。

今でもL.ちゃんが好きです。

L.ちゃんと団地の階段に座って話したり、あとはL.ちゃんの家に夜中に行って窓をこんこんってやって雪の中カラオケに行ってそれに気づかれて補導されたり、いろいろなことがあった3年間だったです。

私がもっと勉強ができればいっしょの高校に入れたのにって今更ながら後悔しています。

試験一週間前にはいつL.ちゃんと図書館で勉強を教わった習に付き合ってもらったり、L.ちゃんを横にしてその上をオーリーしたり、空き家に毛布を持ち込んで2人で暖めあったり、懐かしいです。

L.ちゃんは都内の方に引っ越して自然消滅、30を超えてあったL.ちゃんはporsche.に乗ったさわやかな男性と結婚していたんです。

左手の薬指には指輪が、でもよく見るとお別れの年のX.masにプレゼントしたリングだったんです。

でもL.ちゃんはこっちを見るとニコッとして車に乗って行ってしまったんです。