一目ぼれしたその娘にはかわいい子供がいました

就職して数年がたち、お金もそれなりに稼げるようになってきました。あるとき友人とキャバクラに行ったときとてもかわいい自分には超ストライクの娘にあいました。

もちろんそのあとは通い続けて口説きました。そのかいあって電話番号もメルアドもゲットしてお店の外でデートする約束をこぎつけました。

同伴出勤じゃなくてデートです。その後、何回かデートを重ねて付き合いだしました。

温泉に旅行やいろいろな場所に買い物などデートを重ねました。そして、結婚も考えるようになった頃、妊娠したと言われました。

それだけなら別に一緒になって子供産んで育てればいいだけなんですけど、彼女からある告白が。実は私には離婚経験があり、3歳になる娘がいるんです。ほんとうに驚きましたね。

その時の彼女の年齢は23歳で全然考えてもいなかったのでその日から苦悩の日々が続きました。いきなり、二人の子供のパパになれるのか。自分にそんな大役が全うできるのか。

そんな私をみて彼女は無理しないで大丈夫。私が育てるからと。彼女にそんなこと言われるくらい私は当時周りから見ても悩んでいたようです。

それでも彼女と別れることは私にはできず一緒になる決意をしました。私の気持ちは固まったのですが、そのあとは、どうやって親に説明しようかです。いきなり、結婚します、2人のパパになりますっていってはいそうですかという親もそうはいないですよね。

もちろん私の親にも反対されました。考えが甘いだのバカだの言われました。絶対に認めないと。

しかし私は何を言われても一度決めたことは曲げない性格だったので家を出てでも一緒になるの一点張りで通しました。

親にも出ていけと言われ、アパートを探して彼女と3歳の子供と一緒に暮らしだしました。2人目の子供が生まれるまでに彼女の親とも会いきちんと認めてもらい、自分の親にも説得は続けました。

そして、二人目の子供が生まれたと同時期くらいに私も親も折れて、彼女と子供2人、彼女の親と食事会を開き全員の顔合わせができました。

それ以降は私の親も彼女の親も孫に非常にやさしく接していただいています。その後もう1人生まれて3人のパパをやっています。

いろいろ迷って親に反対されて本当に考えさせられた期間でしたがあの時逃げ出さず彼女と子供たちと一緒になったおかげで今があるのでよかったと思ってます。その時逃げだしていたら今の幸せがないと思うとあの時の決断は正しかったんだと私は自信を持って言えます。