月別アーカイブ: 2014年12月

素敵だった恋人は想像を絶する人だった

20歳の時の恋人の話しです。私にとっては彼が初めての恋人でした。アルバイトしていた会社の社長の息子さんで、初めて見た時に私は彼に一目惚れしました。新入りの私にとても気を使って接してくれる人でした。そのため仕事も早く覚えられました。

ある日彼から連絡先の交換をしないかと聞かれました。飛び上がる程嬉しい気持ちを抑えて、こうかんしましょうと返事をしました。次の日に交換をしたのですが、仕事が終わって、帰宅してすぐに彼からメールが来ました。電話で話したいと書いてありました。

そして、すぐ返事をして電話がかかってきました。お互い照れ臭くて恥ずかしいような歯切れの悪い会話でした。ですが、次の瞬間驚くような事を彼が言いました。付き合おうと。私は即答で、はいと答えました。そこからは会社には内緒でお付き合いがスタートしました。

彼は休日に特別な用があるから休日はあまり会えないと言われていました。なので、会うのは仕事が終わってからが多かったです。始めは7時から終電までというような約束だったのですが
だんだん始発までというような会い方になっていました。

ですが、いつから真夜中でも家に来いと誘われるようになりました。迎えも無しだったり、終電が無くなっている時はタクシーで来いと言われる事もありました。勿論タクシー代は私の自腹でした。その頃から、彼の休日の特別な用が何なのかがわかってきました。

彼は某アイドルグループの熱狂的なファンだったようでアイドルのイベントの度に毎週のように大阪から東京に行っていたようです。打ち明けられた時は反応に大変困りましたが、笑ってごまかしました。それだけならまだ許せましたが、彼はブランド大好き人間だという事もわかりました。

デートの時は上から下まで全身ブランドで固め、待ち合わせ場所に着くと挨拶よりも先に今日着てきたブランドの名前を1つ1つ丁寧に紹介してくれました。ブランドに疎い私にはサッパリ分からず、凄いねとしか言いようがありませんでした。

挙句の果てには、某ブランドの時計をねだってくる始末でした。僕は○○○○の時計が欲しいんだ。誕生日がもうすぐでさ…とアルバイトの私から貰おうと必死になっていました。その時やっと私も目が覚め、この人は住む世界が違う人なんだと気づき別れる決断が出来ました。

良き人生経験になりました。

見つめることしかできなかった恋の行方

初恋って本当に甘酸っぱいですよね。
恋愛経験もほとんどなかった小学生時代、あたしは同じクラスになった家が近所の男の子に恋をしました。
彼は頭もよくかっこよく、スポーツ万能。
まるで漫画の世界から飛び出してきたみたいなそんな感じの男の子。
しいていうなら、背は高くはなかったけど、クラスの人気者でした。

仲良くなったきっかけはクラスの席替え。班がたまたま一緒になったこと。
ケンカ交じりの言葉もかわしながら楽しく過ごしていました。
数か月後、また席替えがあり、あたしと彼は別々になりました。
その頃からでしょうか?彼は授業と授業の合間の休憩の時間にあたしにちょっかいをかけてくるようになりました。
あたしはこの頃には恋心はなく、そんな行動に本当にイラついていました。
だって毎休みに、当時長かった髪を引っ張られては、反撃もままならず逃げてゆかれそれを追い回す日々。
彼の友達やあたしの友達も巻き込んで、毎日廊下で運動会してました。

そんなある日、彼とあたしは近所なので、偶然、学校からの帰り道で会ってしまいました。
相変わらず容姿のことや、あだ名をつかってあたしをからかってくる彼。

あたしは心の底から彼に「大嫌い!!」と叫びました。

そうしたら彼、急に勢いがなくなり、驚いたような表情をみせました。
その顔色はみるみる悲しみの顔にかわり、そのまま何も言わずに言ってしまいました。

そしてそれ以来、彼のあたしへのからかい行動はなくなりました。
あたしは、毎日もやもやしていました。
からかわれない、寂しさ?
構ってくれなくなった、つまらなさ?
彼の友達はしばらくは変わらずからかってきたりしてましたが、彼は絶対に参加しませんでした。

どうしてかこんなタイミングで気づくものです。
あたしはもうこの時、恋に落ちていたのです。
彼という存在はもうあたしの中ではとてつもなく大きくふくらんでいました。

今頃、今更。
好きと気づくなんて。

それからは、毎日彼を目でおう日々。
見つめる先の彼は変わらない。
そのうち、違う女の子にちょっかいをかけだした彼。
それでも見つめていることしかできないあたし。

中学生になってもそれは続き、あたしはずっと彼にずっと片思いしていました。
何の根拠もないのですが、いつかきっと思いは届き叶うと信じていました。

なにも起きないまま、もちろん一言も言葉をかわさないまま
3年間の中学生活終了。

高校は別でした、あたしはもう彼を見つめることすらできなくなりました。
それでも彼が好きで、駅で彼を見かける日は心躍らせていました。

ですが、恋の終わりはもうすぐそばまできていました。
ある日街で友達と遊んでいるときに、偶然にも彼を目撃しました。
久々に見た私服姿の彼のとなりには、かわいい、とてもかわいい女の子。

何の根拠もなかった自信はもちろんあっけなく崩れました。

だめなんだ、想ってるだけじゃ気持ちは伝わらないんだ。

今考えれば当たり前のことですが、このとき初めて心からそう想いました。
あたしは玉砕覚悟で彼に想いをぶつけました。
小学生時代のあの日以来、ずっとできなかった言葉を交わしたのです。
結果はもちろんNO。当たり前です、彼女いるし、彼女見たし。
でも、あたしにとってあの告白は大きな一歩でした。

見つめ続けるだけの、静かで深い恋心。

自分の気持ちをきちんと相手に伝える勇気。
この初恋で学びました。