月別アーカイブ: 2015年6月

一目ぼれしたその娘にはかわいい子供がいました

就職して数年がたち、お金もそれなりに稼げるようになってきました。あるとき友人とキャバクラに行ったときとてもかわいい自分には超ストライクの娘にあいました。

もちろんそのあとは通い続けて口説きました。そのかいあって電話番号もメルアドもゲットしてお店の外でデートする約束をこぎつけました。

同伴出勤じゃなくてデートです。その後、何回かデートを重ねて付き合いだしました。

温泉に旅行やいろいろな場所に買い物などデートを重ねました。そして、結婚も考えるようになった頃、妊娠したと言われました。

それだけなら別に一緒になって子供産んで育てればいいだけなんですけど、彼女からある告白が。実は私には離婚経験があり、3歳になる娘がいるんです。ほんとうに驚きましたね。

その時の彼女の年齢は23歳で全然考えてもいなかったのでその日から苦悩の日々が続きました。いきなり、二人の子供のパパになれるのか。自分にそんな大役が全うできるのか。

そんな私をみて彼女は無理しないで大丈夫。私が育てるからと。彼女にそんなこと言われるくらい私は当時周りから見ても悩んでいたようです。

それでも彼女と別れることは私にはできず一緒になる決意をしました。私の気持ちは固まったのですが、そのあとは、どうやって親に説明しようかです。いきなり、結婚します、2人のパパになりますっていってはいそうですかという親もそうはいないですよね。

もちろん私の親にも反対されました。考えが甘いだのバカだの言われました。絶対に認めないと。

しかし私は何を言われても一度決めたことは曲げない性格だったので家を出てでも一緒になるの一点張りで通しました。

親にも出ていけと言われ、アパートを探して彼女と3歳の子供と一緒に暮らしだしました。2人目の子供が生まれるまでに彼女の親とも会いきちんと認めてもらい、自分の親にも説得は続けました。

そして、二人目の子供が生まれたと同時期くらいに私も親も折れて、彼女と子供2人、彼女の親と食事会を開き全員の顔合わせができました。

それ以降は私の親も彼女の親も孫に非常にやさしく接していただいています。その後もう1人生まれて3人のパパをやっています。

いろいろ迷って親に反対されて本当に考えさせられた期間でしたがあの時逃げ出さず彼女と子供たちと一緒になったおかげで今があるのでよかったと思ってます。その時逃げだしていたら今の幸せがないと思うとあの時の決断は正しかったんだと私は自信を持って言えます。

結婚式でたくさんあったハプニング

5年前、主人と結婚式を挙げましたが、その結婚式はかなりドタバタしたものでした。

準備はもちろん完璧だったのですが、当日は思いもよらないことが起こるものだと感じました。

まず最初に、私の父親が飼い犬のハルを連れてきたことです。

たぶん私が結婚するのが寂しかったんだと思うのですが、「ハルも参列させる!」といって連れてきました。

式場のスタッフさんは、すごく慌てていました。

ハルがおとなしい犬なら参列も叶ったのかもしれませんが、ハルはものすごい暴れ者。こっちの言うことは全くききません。

結果、父親に連れて帰ってもらいました。

結婚式は予定通りの時間で開始したものの、その後もハプニングがありました。

主人の友人が、一人出席できなくなりました。
理由は彼女との別れ話がこじれたようです。

前日の夜から次の日までもつれこみ、彼女が感情的になって警察沙汰にもなったようです。

二次会には来てくれたので話を聞くと、彼はすごく凹んでおり私たちの結婚式どころではなさそうでした。一人で飲みたいような雰囲気でした。
そしてもう一人、主人の友だちが出席できなくなりました。

理由は、日にちを勘違いしていたため。

代わりに、その人の奥さんが出席してくれることになったようです。

それももちろん当日ギリギリのことで、式場のスタッフさんはまたもやものすごく慌てていました。

子どもも連れてくることになるようで、席も増やされていました。
しかし披露宴で私たちが入場すると、なんとその友だちは来ていました!

よく分からなかったのですが、その人なりのサプライズか何かだったようで、結果家族3人が出席してくれたことになります。

ですが、そのことを前もって式場のスタッフさんに伝えていたわけではないようで、スタッフさんのあわてぶりは凄まじいものでした
料理は、彼女と別れ話の友だちが出席できなかったから間に合ったようでした。

私たちには出来るだけ心配をかけまいと、その時はあまり多くを伝えてくれなかったので、全部後になって聞いた話です。

他にも小さいことは多々怒りました。
例えば主人の指に、奥まで指輪が入らなかったこと。
私の歩き方がペンギンのようで、厳かな雰囲気を作れなかったこと。

私の友だちが手紙を読む時、噛みまくっていたこと。

でもこれらは、本当に小さいことのように感じました。
結婚式がこんな感じだったので、その後の生活も私たちはドタバタしたような感じがあります…。

たぶんずっとこんなかんじなんだろうなぁと思っています。

結婚式と二次会での会話ができなかったエピソード

11年前、主人と出会い2年間の交際を得て結婚することになりました。会場や日取りを決めていき結婚式は結構お金もかかるので、自分で作れるものは作りできることは準備していき順調に準備をしていっていました。

私の両親は他見に住んでいたので、数日前に私の家に泊まりに来てくれて、一緒に食事をしたり小さい頃からの話しをたくさんしたりしました。

そして結婚当日、式場へ早めに足を運び本番に向けて衣装に着替えたり準備をし、互いの親族ん挨拶をしたり友人たちと挨拶を交わしたり写真を撮ったりして本番までの時間を過ごしていました。

いよいよ披露宴の時間になり、人生初の大舞台でかなりの緊張。普段ニコニコ私はしているのですが、その笑顔も消え顔がこわばっていたみたいで、周りの方に「リラックス・リラックス」と声をかけていただいたり、変顔をして笑わせてくれたりしてもらって、リラックスさせてもらってはじまりました。

披露宴と言えば、挨拶が多く、お酒好きな主人の友達が多いので「早く乾杯を」と言う方が増えてきたので挨拶を繰り上げ仕方なく乾杯をしました。

特に嫌な顔をする人もいなかったのでよかったのですが、少しは我慢をして欲しかったです。そして、料理が運ばれたり歌を披露してくださったり、踊りを披露してくださったり私たちもお色直しをしたり順調に披露宴が進んでいったのですが、主人は友人にお祝いの席だからということで、いつも飲むお酒の量よりかなり多く飲んでいて、壇上になかなか戻ってこなくなり、結構時間が経った後戻ってきたので私は緊張気分は残っていたので、主人と話しをして気持ちを落ち着かせたかったのですが、私が話しかけても聞いてくれず、ただの酔っ払いが座ってるだけの状態に。

披露宴も終盤を迎え両親に挨拶・来客者に挨拶を主人が担当していたのですが、大丈夫かな?と心配をよそに何故か泣きながらですが、しっかりした挨拶をしていたので驚きました。

主人の両親も来てくれた方々に「ありがとう。ありがとう」と泣きながら挨拶をしていたので、「親子そろってなんで泣くのかな」と少し飽きれてしまった私。

披露宴を終え皆さんに挨拶をしながらお見送り。私たちも着替えを済ませて二次会へ行く準備をしたあと、主人と話したくて話しかけたのに友人が待っていてそこでも話しができず。

二次会の会場へ。披露宴に参加してくれた方と二次会に参加してくれた方と人数も増えたくさんの方がお祝いに駆けつけてくれていたので、挨拶をしたりその後も幹事を勤めてくれた主人の友人が盛り上げてくれていました。ゲームなどもあったので、隙をみて主人に話しかけようとしたのですが、酔っ払っているせいで聞こえていないし、聞く耳持たずで、話しかけるのやめとこうと思ってしまいそのまま時は流れ帰宅。

主人はそのまま寝てしまいました。楽しくいい思い出のはずが、私にとってはいまいち盛り上がらなかった少し寂しい結婚式と二次会の思い出となっています。